特定非営利活動法人 たすけあいはとぽっぽ
                             

車椅子・白杖研修を行いました

1月19日、はとぽっぽでは車いすと白杖研修を行いました。
講師役は、浦安市の介助ボランティアグループ「あいあい」さんです。「あいあい」さんは活動を始めて33年、障がいを持つ方や高齢者の介助・付き添い等の他、市内の小学校で今回の様な車いすと白杖を使った体験学習を長年なさっています。

 
   

はとぽっぽの活動では、主に通院、買い物、散歩などの際に車いすを使います。段差の越え方やエレベーターの乗り方など、基本を再確認しました。
白杖体験では、階段・屋内を歩きました。ガイド役の声と肩、点字ブロックの大切さを実感しました。白杖の先で地面の感覚を捉えるのはとても難しかったです。
今回の研修では、市民活動グループのメンバー同士が顔を合わせました。
互いが見える存在になり、親近感が湧き、お互いの活動に励みとなるとても良い機会となりました。
次回は路上でやりましょう!という声も上がり、和やかに研修を終えました。
あいあいさん、ありがとうございました。

前のページへ戻る
浦安市市民活動センター