浦安市赤十字奉仕団
                             

「赤十字のつどい」をおえて

 6月26日(水)Weve101で千葉県赤十字奉仕団西部ブロックの「赤十字のつどい」が行われました。西部ブロックは市川・船橋・柏・松戸・我孫子・流山・野田・鎌ヶ谷と浦安の9市で、団員、来賓、事務局で200名。浦安での開催は2度目で、前回は東日本大震災の直後で、テーマも防災に関したものでした。
 今回は千葉県支部の稲積修指導講師から「地域における奉仕団員の意味」というテーマで赤十字の精神から、赤十字の役割とこれからの奉仕団の活動についてお話を伺いました。今も地球上では争いが絶えませんが、現在はテロの時代、学校も病院も標的にされる時代に赤十字はどう対処すればよいか・・・・。
 私たち奉仕団員の役割を勉強し、市の公民館などで歌唱指導を行っている平田秀子先生の楽しい指導で、楽しく歌って終わりました。
 

新浦安駅でお出迎え。
平田秀子先生の歌唱指導で4曲歌いました。
浦安市奉仕団委員長の閉会の挨拶。

前のページへ戻る
浦安市市民活動センター