NPOキラキラ応援隊
                               

認知症カフェ「キラキラ」の活動報告(7月・8月分)について

 キラキラ応援隊として、28年度新規に開設したカフェが早くも3年余を経過、今回、市民プラザ閉鎖により、場所を市民活動センターに移し、気持ちも新たに、第38、39回目のカフェを次のとおり実施しました。
1.日時 。祁遑隠稿(金)■厳遑隠尭(金) 13時30分〜15時30分
2.場所 浦安市市民活動センター(浦安市役所1階)
3.内容 認知症に対する施策の更なる充実強化が叫ばれている折、市関係機関との連携の下、前回同様「認知症の人が活動して楽しめ、家族が専門家に相談でき、地域住民が認知症について理解を深められる場」、「コミュニティ・カフェの場、憩いの場」として市地域包括支援センター職員を相談担当にお願いしつつ、コーヒー、お菓子の提供により、その場に相応しい雰囲気づくりに努めるとともに、今回も応援隊会員によるアロマ・マッサージを定着実施するなど更なる関心を惹起させるため、幅広い活動を取り入れました。
 場所替えにより参加者数に懸念がありましたが、7月は蒸し暑さの中、新しい参加者を含め、20名の参加者を数えるとともに、8月は台風による強風の中、県議に随伴された夏休み中の3名の大学生を含め、新たな参加者も交え、熱心に参加いただきました。 
 次回は9月20日(金)を予定していますので、今後とも「認知症高齢者等にやさしい地域づくり」に向けて、多くの方々が気軽に立ち寄って頂けますよう、願って止みません。



 
   

 今回、場所を市民活動センターに移し、新たな参加者を交え談話するカフェ風景(7月) 
 奥の会議室における会員によるアロマ・マッサージ風景(7月)
 参加者による戦争の話題などを熱心に傾聴する大学生達(8月) 

前のページへ戻る
浦安市市民活動センター