ホーム > おしらせ > ポスターセッションの内容(2013年11月17日)

件名 ポスターセッションの内容(2013年11月17日)
内容 ちば環境再生県民の会・・・会は2002年に千葉県環境再生推進委員会発足と同時に発足、市民の立場から委員会に参加。地域で菜の花、ひまわりの種をまき資源循環の見える活動、昨年から環境省の推進している廃食油有効利用に参加。

第17回手賀沼流域フォーラム実行委員会・松戸・千葉県と手賀沼流域の市民と行政が実行委員会を組織.オォーラム本会議と各地域でも企画開催。松戸でも通年手賀沼までの水調べと船乗見学を開催、参加小・中・高校生徒の自由研究にもなっています。

日本大学生産工学部環境安全工学科・・・環境安全工学科は、生産工学の素養を持ち持続可能な社会を担う環境・安全・エネルギーのサスティナブルエンジニアリングコーディネータとして,あるいは社会科学の素養を持ち国際社会で活躍できる環境・安全・エネルギー問題を牽引するガバナンスエンジニアを育成します。

CO2ダイエットちば行動委員会・・・地球温暖化の原因といわれる二酸化炭素の削減をマイバッグつくりを通して、啓発していく運動をしています。

エコネットかまがや・・・の取り組み
(1) ゴーヤによるグリーンカーテン
(2) 使用済の傘利用の「マイバッグ作り」
(3) 子ども対象の環境学習とエコ工作

環境シンポジウム千葉会議実行委員会・・・市民・大学・行政・企業のパートナーシップでそれぞれの立場から環境問題に取り組むことを目的に1995年に設立されました。

エコマインドの会・・・県環境学習指導者養成講座の2006〜2008年度の修了生の会として活動している。

夢鯨工楽部・・・夢鯨工楽部は貝拾いを通じてスナメリを知り、東京湾の環境に関心を持ってもらえるよう活動をしています。






 
この情報は、「環境シンポジウム千葉会議」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ