ホーム > おしらせ > 歓の年のしたい

件名 歓の年のしたい
内容  京都・清水寺恒例の昨年の世相を表わす漢字一字は「輪」でした。
しかし、国内政治に限って言えばそれは「怒」でしょう。政府によって新しく作られた委員会、そこから出される答申や法案などどれをとっても歓迎できるものはありませんでした。次々に出されてくるのは、国民無視、人権無視、憲法違反の法案ばかりです。若者の雇用についてもしかり、正規の採用を広げるのではなく非正規の雇用状態を拡大・延長するようなブラック企業を喜ばせる法律がこれでもかと言うほどこれから用意されています。
 4月からの消費税増税分もどこに使われるのか気がかりなところですが、例えば難病患者への支援対策として給付金等の対象範囲が広げられるとの報道がされました。このことは朗報ですが、一方で従来全額給付を受けていた患者さんの給付金が減額され一部有料となるとされています。これでは喜びも半減です。英断でも何でもありません。ただ予算の大枠を変えずに対象者を拡げただけ、一枚のお好み焼きを薄く伸ばして広げて見せただけの誤魔化しでしょう。
 それでは増税分はどこへ、相変わらずのバラマキです。建設、運輸、通信等の大企業をよろこばす予算編成、東電への原発支援も変わりません。もちろん軍備拡張のための予算も増額です。反対に、中小零細業者や働く労働者への支援、賃金の値上げは望むべくもありません。
 だからこそより一層の決意を込めて今年を犂拭匹稜にしたいと願うものです。国民の、働く人々の笑顔が輝く一年にしていきましょう。
 九条の会発起人の一人であった井上ひさしさんが遺された言葉「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに」に込められたメッセージを受け止め、笑顔を忘れず、楽しくわかりやすく平和と憲法の大切さを語ることを続けましょう。
 
この情報は、「九条の会・浦安」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ