ホーム > イベント > うらやすドキュメンタリーテークvol.41 野外上映会 「世界の果ての通学路」

件名 うらやすドキュメンタリーテークvol.41 野外上映会 「世界の果ての通学路」
主催 浦安ドキュメンタリーオフィス 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
開催日 2019年9月22日(日)*雨天・強風で中止の際は翌9/23(月祝)に順延予定(当日14時頃に公式HP等でお知らせします。 
開催時刻 18:00 開始 (17:00 屋台スタート) 
締切日  
会場 浦安公園芝生エリア(猫実1−2/郷土博物館前)★各自敷物や椅子をご持参ください。 
地図・案内図
 
定員  
対象者 どなたでも 
申込方法  
費用 無料 
内容詳細 ★大人も子どもも、みんな一緒に星空の下で映画をみよう!★


「世界の果ての通学路」

 日本をはじめ、先進国では子どもが教育を受けることは義務であり権利とされている。学校は徒歩圏内、もしくはスクールバスや公共交通機関で通える範囲に設置されているが、本作に登場する4人の子どもたちの教育環境は全くそうではない。野生のキリンや象が生息するサバンナを駈け抜けるケニアのジャクソン。山羊飼いの仕事を終えてから、愛馬で学校へ向かうアルゼンチンのカルロス。女子に教育は不要とする古い慣習が残る村から、寄宿学校に通うモロッコのザヒラ。生まれつき足が不自由で、弟たちに車椅子を押されて登校するインドのサミュエル。 通学路は危険だらけで、大人の足でも過酷な道のりなのだ。それでも子どもたちは学校へまっしぐらに向かう。ひたむきな彼らを見て気づかされるのは、教育とは将来を切り拓くためのパスポートだということだ。どうして彼らはそんなに苦労してまで学校に行くのだろう?
 別の大陸、違う言語、宗教、生活環境の中で暮らす4人の子どもたちは、真っ直ぐな瞳で同じ思いを語る。
「夢をかなえたいから」
世界の果ての通学路から、希望に満ちた地球の今と未来が見えてくる。(世界の果ての通学路HPより)






 
問い合わせ先 info@urayasu-doc.com 070-5459-9205 公式HP:urayasu-doc.com
 
関連URL 浦安ドキュメンタリーオフィスHP www.urayasu-doc.com フェイスブック www.facebook.com/urayasudoc. 
この情報は、「浦安ドキュメンタリーオフィス」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ